無形(読み)むぎょう

精選版 日本国語大辞典「無形」の解説

む‐ぎょう ‥ギャウ【無形】

〘名〙 (動)
① 仏語。肉体を持たないこと。形をとらないこと。見ることができないこと。また、そのものやそのさま。
※経国集(827)一一・同春太詠鬼之什〈石川広主〉「論有形無形、言道有奇
※歌舞伎・勧進帳(1840)「もし無形(ムギャウ)の陰鬼陽魔、仏法王法に障碍をなさば、何を以て切り給ふや」 〔法華経‐随喜功徳品〕

む‐けい【無形】

〘名〙 (形動) 形のないこと。形に現われないこと。また、そのさまやそのもの。
※醍醐寺文書‐(年月日未詳)(室町)某書状「散々に候とも、如形たにも候ははと存候処、唯日申候者堅固無形之由申給候間臨期計会無極候」
※明六雑誌‐三三号(1875)貨幣病根療治録〈神田孝平〉「貨幣改正の間は宜しく専ら無形無費の開化を勉むべきなり」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android