先進医療(読み)センシンイリョウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

先進医療

公的医療保険の対象外で患者の全額自己負担となる医療技術について、保険診療との併用を認める制度。がんゲノム医療の場合、遺伝子検査の技術費用は自己負担になるが、それ以外の診察や検査に保険が適用され、患者の負担は軽くなる。厚生労働省一定の施設基準を設定し、基準を満たした医療機関の届け出を認める。

(2017-12-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

先進医療
せんしんいりょう

保険診療の対象に至っていない先進的な医療技術等について、将来的な保険導入に向けた評価を行うために、一定の条件を定めたうえで、患者の自己負担によって保険診療と併用することを厚生労働省が認めている医療。2017年(平成29)11月1日時点で、104種類の先進医療が認められている。
 2004年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との「基本的合意」に基づき、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえ、国民の選択肢を広げ、利便性を向上させることを目的に、保険診療との併用が認められた。
 また、「健康保険法等の一部を改正する法律」(平成18年法律第83号)において、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として、厚生労働大臣が定める「評価療養」の一つとされている。
 有効性および安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の施設基準が設定され、施設基準に該当する保険医療機関は届出により保険診療との併用ができる。
 たとえば「がん」に対しては、粒子線治療や遺伝子診断などが行われており、厚生労働省のウェブサイトで実施医療機関や医療の概要を見ることができる。[渡邊清高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先進医療の関連情報