コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活機 カッキ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐き〔クワツ‐〕【活機】

生き生きとした動き。
「自動の―を具えたる男女一対の偶像に異ならず」〈竜渓経国美談
仏語。悟りに通じる資質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっき【活機】

いきいきとした動き。 「どうせ思想に囚はれて-の分わからぬ人の為る事だから/平凡 四迷
〘仏〙 悟りに通じる、内部に脈打つ資質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活機の関連キーワードsystem furniture地域連携クリティカルパス国立長寿医療研究センタースークシュマ・シャリーラ進歩自由党[バハマ]リハビリテーション滋賀県大津市田辺町国際生活機能分類介護予防サービス定住自立圏構想介護予防事業多発性硬化症特定高齢者老年症候群細胞遺伝学ウヨンタナ系統分類学異質倍数体福祉社会学原生動物

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android