派遣事業(読み)ハケンジギョウ

デジタル大辞泉の解説

はけん‐じぎょう〔‐ジゲフ〕【派遣事業】

派遣事業主(派遣元)が、自ら雇用する労働者を会社等(派遣先)に派遣して、労働に従事させる事業のこと。派遣先から派遣元へ派遣費用が支払われ、労働者は派遣元を通じて賃金を受け取る。労働が派遣先の指揮命令下で行われる点が、請負契約の場合と異なる。
[補説]平成27年(2015)の労働者派遣法改正に伴い、一般労働者派遣事業(許可制)と特定労働者派遣事業届出制)の区別は廃止され、すべて許可制となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

派遣事業の関連情報