コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流竄 リュウザン

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ざん〔リウ‐〕【流×竄】

[名](スル)
罪によって遠隔の地に追いやること。流罪(るざい)。るざん。「流竄の身」
遠隔の地をれさすらうこと。流浪(るろう)。

る‐ざん【流×竄】

りゅうざん(流竄)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうざん【流竄】

( 名 ) スル
刑罰として、遠隔の地に追いやること。島流し。流罪。るざん。 「 -の身」 「渺茫たる沙漠に-せられて非命の死を遂げ/鬼啾々 夢柳

るざん【流竄】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

流竄の関連キーワード惨・慚・懺・斬・暫・残・殘・竄・讒後奈良天皇島流し竄流流罪

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android