コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流雲文 りゅううんもん

世界大百科事典 第2版の解説

りゅううんもん【流雲文】

中国古代の漢代に,銅鏡や画像石などを主に,ときには他の器物において,縁飾に盛んに使用された文様竜文から変化した文様と考えられ,電気文のように竜など鳥獣の足,首,胴のなごりがなくなって便化され,流れるような曲線が連続進行して,規則的に展開していく文様で,一見,波状文や,唐草文風の形にも見られるようなことがあり,形態的に後代の唐草文流行の素地になっていた。後漢時代の四神鏡,獣帯鏡などの銅鏡を分類するときに一つの指標とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の流雲文の言及

【唐草文】より

… 中国では唐代に雲唐草文と呼ばれるものが流布した。これは殷・周代以来の虺竜(きりゆう)文のS字形モティーフが発展し,漢代には波形のリズムを持つ流雲文となり,さらに六朝時代に西方から植物文様がはいると,これが流雲文と複合して雲唐草文となったと考えられる。また唐草のリズムが規則性をもって構成されると幾何学的な文様となって広大な面を装飾することができる。…

※「流雲文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

流雲文の関連キーワード佐味田宝塚古墳三津永田遺跡画像鏡雲文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android