コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流雲文 りゅううんもん

1件 の用語解説(流雲文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅううんもん【流雲文】

中国古代の漢代に,銅鏡や画像石などを主に,ときには他の器物において,縁飾に盛んに使用された文様。竜文から変化した文様と考えられ,電気文のように竜など鳥獣の足,首,胴のなごりがなくなって便化され,流れるような曲線が連続進行して,規則的に展開していく文様で,一見,波状文や,唐草文風の形にも見られるようなことがあり,形態的に後代の唐草文流行の素地になっていた。後漢時代の四神鏡,獣帯鏡などの銅鏡を分類するときに一つの指標とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の流雲文の言及

【唐草文】より

… 中国では唐代に雲唐草文と呼ばれるものが流布した。これは殷・周代以来の虺竜(きりゆう)文のS字形モティーフが発展し,漢代には波形のリズムを持つ流雲文となり,さらに六朝時代に西方から植物文様がはいると,これが流雲文と複合して雲唐草文となったと考えられる。また唐草のリズムが規則性をもって構成されると幾何学的な文様となって広大な面を装飾することができる。…

※「流雲文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

流雲文の関連キーワード画像石玉器太一胡楽古銅器五服方鏡池田温佐藤武敏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone