コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄瑠璃秘伝抄 じょうるりひでんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりひでんしょう【浄瑠璃秘伝抄】

義太夫節の語り方に関する教本。1748年(寛延1)序の《浄瑠璃秘曲抄》を補足した1757年(宝暦7)の《増補浄瑠璃秘曲抄》の増補部分を主体に,〈序文・義太夫節根元太夫評書・竹本家太夫豊竹八重太夫評判〉を加えている。その主体となる部分は〈浄瑠璃音義伝・声の口伝・間柏子の口伝並ニ程といふ事・景事道行の伝・産字の事・浄るり中音之事・長は継短は切るといふ事・詞に品有事・四音の事・音曲身がまへの事・節の四季の事〉より成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浄瑠璃秘伝抄の関連キーワード大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ元素発見史(年表)犯罪の増加(ロシアの)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android