浄瑠璃秘伝抄(読み)じょうるりひでんしょう

世界大百科事典 第2版の解説

じょうるりひでんしょう【浄瑠璃秘伝抄】

義太夫節の語り方に関する教本。1748年(寛延1)の《浄瑠璃秘曲抄》を補足した1757年(宝暦7)の《増補浄瑠璃秘曲抄》の増補部分を主体に,〈序文義太夫節根元太夫評書・竹本家太夫豊竹八重太夫評判〉を加えている。その主体となる部分は〈浄瑠璃音義伝・声の口伝・間柏子の口伝並ニ程といふ事・景事道行の伝・産字の事・浄るり中音之事・長は継短は切るといふ事・に品有事・四音の事・音曲身がまへの事・節の四季の事〉より成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android