コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄阿(2代) じょうあ

1件 の用語解説(浄阿(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄阿(2代) じょうあ

1304-1360 南北朝時代の僧,連歌師。
嘉元(かげん)2年生まれ。暦応(りゃくおう)4=興国2年初代浄阿(真観)の跡をつぎ,京都の時宗(じしゅう)金蓮(こんれん)寺の住職となる。文和(ぶんな)年間の何路百韻に参加。「菟玖波(つくば)集」に2句がのっている。延文5=正平(しょうへい)15年8月25日死去。57歳。法名ははじめ作阿。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浄阿(2代)の関連キーワード応安新式筑波問答藤原為定吉野朝時代永運鑑翁士昭素眼和田助朝利阿良阿

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone