浅川伯教(読み)あさかわ のりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅川伯教 あさかわ-のりたか

1884-1964 明治-昭和時代の彫刻家,朝鮮陶磁器研究家。
明治17年8月4日生まれ。浅川巧の兄。新海竹太郎にまなぶ。明治44年朝鮮へわたり,朝鮮陶磁器の発掘と古窯の研究につとめる。大正13年柳宗悦(むねよし)らと京城に朝鮮民族美術館を開設した。昭和39年1月14日死去。79歳。山梨県出身。山梨師範卒。作品に「木履の人」,著作に「李朝陶磁」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android