コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新海竹太郎 しんかいたけたろう

7件 の用語解説(新海竹太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新海竹太郎
しんかいたけたろう

[生]明治1(1868).2.5. 山形
[没]1927.3.11. 東京
彫刻家。号は古竹。少年時代日本画を学んだ。 1886年上京,一時軍務に服したが馬の彫刻に興味をいだき,退役して木彫を後藤貞行,塑像を小倉惣次郎に,デッサンを浅井忠に学んだ。 98年日本美術院の創立に際し,その正員となり,99年パリ万国博覧会の鑑査官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんかい‐たけたろう〔‐たけタラウ〕【新海竹太郎】

[1868~1927]彫刻家。山形の生まれ。新古典的な作風で活躍、太平洋画会彫刻部を主宰した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新海竹太郎【しんかいたけたろう】

彫刻家。山形県生れ。陸軍除隊後,後藤貞行,小倉惣次郎に彫塑を学び,1898年日本美術院創立に参加。1900年渡欧し,ベルリン美術学校教授ヘルテルに学ぶ。作品に現実感の中にも抒情味をたたえた《ゆあみ》や単純化された形態のうちに枯淡な味わいをもつ《不動》などがある。
→関連項目中原悌二郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新海竹太郎 しんかい-たけたろう

1868-1927 明治-昭和時代前期の彫刻家。
慶応4年2月5日生まれ。後藤貞行(ていこう),小倉惣次郎に師事。のちドイツに留学,ベルリン美術学校のヘルテルにまなぶ。帰国後,太平洋画会彫刻部を主宰。文展審査員をつとめ,帝室技芸員,帝国美術院会員となる。昭和2年3月12日死去。60歳。出羽(でわ)山形出身。代表作に「ゆあみ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新海竹太郎

没年:昭和2.3.12(1927)
生年:明治1.2.5(1868.2.27)
明治大正期の彫刻家。父は宗松,母サダ。生家は山形市で代々仏師だった。明治19(1886)年,陸軍士官を志して上京し,苦学するうち,21年,徴兵されて近衛騎兵隊に入営。在隊中に試みた馬の木彫が上司の目にとまり,それがきっかけとなって除隊後,彫刻家の後藤貞行に彫技を,小倉惣次郎に塑造を学ぶ。32年,「北白川宮能久親王殿下騎馬銅像」(東京国立近代美術館蔵)で名声を博す。33年渡仏。のち,質実さを好んでベルリンへ移り,ヘルテルに師事した。ブロンズの大作に長じたほか,ドイツのアカデミックな作風にアール・ヌーボーを取り入れた「ゆあみ」,日常生活に取材した浮世彫刻など,題材,技法,作風ともに幅広く試み,西洋の模倣にとどまらない日本の近代彫刻の創出をめざした。また,太平洋画会研究所で彫塑を指導した。大正6(1917)年帝室技芸員,8年帝国美術院会員となった。<参考文献>中村伝三郎『明治の彫塑』

(山梨絵美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんかいたけたろう【新海竹太郎】

1868~1927) 彫刻家。山形県生まれ。日本美術院の創立に参加、のち太平洋画会彫刻部を主宰。代表作「ゆあみ」「大山元帥像」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新海竹太郎
しんかいたけたろう
(1868―1927)

彫刻家。山形市生まれ。生家は代々仏師。漢画、漢学を学び、1886年(明治19)軍人を志して上京、騎兵隊に属し、その間、馬の彫刻をつくる。後藤貞行、小倉惣次郎に彫刻を学び、1900年(明治33)ドイツに渡ってベルリン美術学校教授ヘルテルに師事し、官学派の古典主義彫刻を研究して02年帰国した。07年第1回文展から審査員を務め、『ゆあみ』を出品した。太平洋画会研究所彫刻部を主宰し、多くの後進を指導、17年(大正6)帝室技芸員、19年帝国美術院会員となり、明治後期から大正期にかけての代表的な彫刻家として活躍し、風俗的な主題の木彫もつくった。代表作に『ゆあみ』『斥候(せっこう)』『北白川能久(よしひさ)親王騎馬像』『大聖歓喜天像』などがある。[三木多聞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新海竹太郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…彼らは青年彫塑会(1897結成)に拠り,木彫家をもまじえて技術上の交流をはかった。白馬会には菊地鋳太郎,小倉惣次郎が加わり,太平洋画会にはヨーロッパ留学から帰った新海(しんかい)竹太郎(1868‐1927),北村四海(しかい)(1871‐1927)が加わって後進を指導した。これらようやく盛んになりかけた洋風彫塑に対抗して,1907年,岡倉天心を会長とし,米原雲海(1869‐1925),山崎朝雲(1867‐1954),平櫛(ひらくし)田中らの新鋭木彫家6名による日本彫刻会が結成され,文展第3部には,木彫家,彫塑家が一堂に会することとなる。…

※「新海竹太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新海竹太郎の関連キーワード奥田勝武井直也米原雲海彫刻家建畠覚造氏川崎繁夫下村清時戸田海笛前田照雲村山群鳳(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新海竹太郎の関連情報