コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅白庵照庭 せんぱくあん てるにわ

1件 の用語解説(浅白庵照庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅白庵照庭 せんぱくあん-てるにわ

?-? 江戸時代後期の神職,狂歌師。
上野(こうずけ)(群馬県)甘楽(かんら)郡の一之宮貫前(ぬきさき)神社の宮司。狂歌は壺側(つぼがわ)の判者。山水・花鳥画もえがいた。天保(てんぽう)(1830-44)ごろの人。名は茂正。通称は一宮中務。別号に望月館。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浅白庵照庭の関連キーワード袂広好萩花妻花廼屋光枝春道梅員日の下花満辺仁之无子神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone