浅香 新八郎(読み)アサカ シンパチロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

浅香 新八郎
アサカ シンパチロウ


職業
俳優

本名
金谷 幸太郎

生年月日
明治39年 12月

出身地
北海道

学歴
函館市

経歴
昭和2年日活へ入社。翌年から「無念丸橋忠弥」「笠張剣法」などに出演し、堅実な演技の脇役として認められる。7年退社しフリーに。第一映画社に創立と同時に参加。11年新興キネマへ移る。嵐寛寿郎の後を受け、「右門捕物帖」シリーズの主役として出演。戦時中、妻・森静子らと新生国民座を作る。当時の弟子に女剣劇の浅香光代がいる。戦争末期、舞台での本番中に倒れ急死した。

没年月日
昭和20年(1945年)頃

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android