嵐寛寿郎(読み)あらしかんじゅうろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嵐寛寿郎
あらしかんじゅうろう

[生]1903.12.8. 京都
[没]1980.10.21. 京都
映画俳優。本名高橋照市。旅回りの役者を経て 1927年マキノプロに入社。同年『鞍馬天狗異聞・角兵衛獅子』でデビュー,人気スターとなる。その後,鞍馬天狗シリーズと並行して『右門捕物帖』シリーズも誕生し,全盛時代を迎える。第2次世界大戦後は脇役に転じ,『神々の深き欲望』 (1968) などで新生面をみせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あらし‐かんじゅうろう〔‐クワンジュウラウ〕【嵐寛寿郎】

[1903~1980]映画俳優。京都の生まれ。本名、高橋照市。「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」「右門捕物帖」などの時代劇で活躍し、「あらかん」のニックネームで呼ばれた。ほかに「神々の深き欲望」「網走(あばしり)番外地」などに出演。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

嵐寛寿郎【あらしかんじゅろう】

映画俳優。本名高橋照市,初名嵐長三郎。京都府生れ。片岡千恵蔵とともにマキノプロ入社。昭和初期から戦後にかけて《鞍馬天狗》シリーズ40本,《右門捕物帖》シリーズ35本などで時代劇スターとして人気を博し,約500本の映画に出演,〈アラカン〉の愛称で親しまれた。他に山中貞雄監督《抱寝の長脇差》(1932年),〈天皇〉を演じた《明治天皇と日露大戦争》(1957年),今村昌平監督《神々の深き欲望》(1968年)など。
→関連項目時代劇映画

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嵐寛寿郎 あらし-かんじゅうろう

1903-1980 昭和時代の映画俳優。
明治36年12月8日生まれ。昭和2年マキノプロに入社。嵐長三郎の名で映画「鞍馬天狗(くらまてんぐ)異聞・角兵衛獅子(かくべえじし)」に出演し人気スターとなる。のち改名,「アラカン」の愛称でしたしまれた。「鞍馬天狗」「右門捕物帖」の両シリーズや「明治天皇と日露大戦争」などに出演。昭和55年10月21日死去。76歳。京都出身。本名は高橋照市。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あらしかんじゅうろう【嵐寛寿郎】

1902‐80(明治35‐昭和55)
〈アラカン〉の愛称で親しまれた映画俳優。本名高橋照市。京都府出身。片岡千恵蔵と共にマキノプロに入社。当時の名まえは嵐長三郎(ほぼ1年後,独立して寛寿郎を名のる)で,1927年《鞍馬天狗異聞・角兵衛獅子》でデビュー。黒紋付の着流しと三角覆面の鞍馬天狗=〈天狗のおじさん〉が誕生した。以後,30年間に40本の〈天狗映画〉に出演。もう一つの当り役とされたのが《右門一番手柄》(1929)を第1作とする〈むっつり右門〉こと〈右門捕物帖〉シリーズで,25年間に35本。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あらしかんじゅうろう【嵐寛寿郎】

1903~1980) 映画俳優。本名は高橋照市。京都生まれ。「鞍馬天狗」などの時代劇で活躍。「あらかん」のニックネームで呼ばれた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嵐寛寿郎
あらしかんじゅうろう
(1903―1980)

映画俳優。本名高橋照市。京都生まれ。歌舞伎(かぶき)の女方で嵐和歌太夫(たゆう)といったが、1927年(昭和2)マキノプロへ入社、嵐長三郎の芸名で『鞍馬天狗(くらまてんぐ)異聞・角兵衛獅子(じし)』(1927)に初出演。にがみばしった顔だちと迫力ある立回りのうまさで一躍人気スターとなる。のち嵐寛寿郎と改名、戦前・戦後を通じて数多くの時代劇映画で活躍、「鞍馬天狗」「むっつり右門」の各シリーズを当り役とした。『明治天皇と日露大戦争』(1957)では、映画俳優初の天皇役を演じて大きな話題をよんだ。[長崎 一]
『竹中労著『鞍馬天狗のおじさんは――聞書アラカン一代』(1976・白川書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の嵐寛寿郎の言及

【鞍馬天狗】より

…以後,その本数は63本を数え(61本との説もある),歴代の鞍馬天狗俳優は,尾上松之助のあと,嵐長三郎(のち寛寿郎),市川百々之助,坂東好太郎,斯波大輔,榎本健一,杉山昌三九,佐分利信,島田正吾,小堀明男,東千代之介,市川雷蔵である。鞍馬天狗役を最大の当り役としたのはアラカンこと嵐寛寿郎で,27年のデビュー作《鞍馬天狗余聞・角兵衛獅子》から56年の《疾風!鞍馬天狗》まで,前記63本のうち40本に出演した。マキノ映画からはじまって,かかわった映画会社のどこでも必ず鞍馬天狗役を演じたことになり,アラカン=鞍馬天狗というイメージは不動のものとなった。…

【時代劇映画】より

…大震災後,日活,松竹が東京から京都へ映画製作の拠点を移したことや,京都のマキノ映画の活躍によって,京都は〈日本のハリウッド〉と呼ばれるまでになり,古い建物や風景を生かして時代劇づくりがいっそう盛んになった。マキノからは,《刃光》《美丈夫》の月形竜之介,《黒髪地獄》《快傑夜叉王》の市川右太衛門,《鞍馬天狗余聞・角兵衛獅子》の嵐長三郎(嵐寛寿郎),《万花地獄》の片岡千恵蔵など,新しい時代劇スターが続出した。また,松竹は,阪東妻三郎プロダクションと組んで,〈東山三十六峰静かに眠る。…

※「嵐寛寿郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嵐寛寿郎の関連情報