コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅香光代 あさか みつよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅香光代 あさか-みつよ

1931- 昭和-平成時代の女優。
昭和6年2月20日生まれ。10歳で浅香新八郎一座にはいり,昭和20年14歳で一座を結成。23年浅草松竹演芸場に出演,「一本刀土俵入り」などで女剣劇全盛時代をきずく。その後テレビでも活躍。東京出身。本名は北岡昭子。著作に「斬って恋して五○年」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

浅香 光代


芸名
浅香 光代

性別
女性

生年月日
/02/20

星座
うお座

血液型
B

出身地
東京都

職種
タレント・俳優・女優

趣味・特技
小唄/三味線/動物を飼うこと

ペット

プロフィール
9歳のとき、浅香新八郎、森静子に弟子入りし、14歳で浅香光代一座を組む。昭和30年代、浅草にて女剣劇全盛時代を作り上げる。1979年、『演劇舞踊・浅香流』を興し、家元となり手軽な舞踊を目指し多数の門弟の指導にあたっている。女優としてドラマ・映画に出演するほか、バラエティ番組でも活躍する。2009年、春の叙勲において旭日双光章を受ける。主な出演作品に、映画『デコトラの鷲 祭りばやし』、TBS『鉄板少女アカネ!!』など。

代表作品
舞台『にぎにぎ』 / 舞台『かえる屋』 / 舞台『芝桜』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

世界大百科事典内の浅香光代の言及

【剣劇】より

…第2次世界大戦後は民主思想の発達に伴い一時は急速に影を薄めたが,昭和20年代の後半にはまたかなり行われるようになった。なお,剣劇の全盛期に派生的所産として〈女剣劇〉が生まれたが,弱いとされている女性が主演して,女装あるいは男装して剣をふるって多くの男性を斬り倒すところにやや倒錯的な興味をひき,不二洋子,2代にわたる大江美智子(初代は1939年に病死,2代は1919年生れ),伏見直江,富士嶺子,筑波澄子,浅香光代(1931‐ ),中野弘子らの女剣劇一座を輩出させた。戦後はむしろ,この女剣劇が剣劇の劇団を代表するような形で人気を集めていたが,高度成長期とともに衰え,現在では一つのジャンルとしてはほとんど消滅しているといってよい。…

※「浅香光代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浅香光代の関連キーワード小巻(エンジェルこま)三波 伸介(初代)仲沢 清太郎浅香 新八郎三波 伸介不二 洋子大衆演劇波島陽子園井風童南かおり近間凛

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅香光代の関連情報