コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜出 ハマイデ

デジタル大辞泉の解説

はまいで【浜出】

幸若舞曲。作者未詳。室町時代の成立。梶原景季が左衛門司に任ぜられた祝い事を題材としためでたいもの。別名「蓬莱山(ほうらいさん)」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はまいで【浜出】

幸若舞の一。作者未詳。左衛門司に任ぜられた梶原源太が、鎌倉で祝宴をはり、浜に出て船上に舞台を設けて歓を尽くすというもの。蓬萊山ほうらいさん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の浜出の言及

【浜出草紙】より

…中に左衛門司を賜った梶原景時は,その位を嫡子源太景季に譲り,大名・小名が集い祝宴が催される。初番,二日目ともに酒肴やらみごとな引出物などを調え,三日目には,江の島詣にことよせて,頼朝公の北の方をはじめ大名の北の方も由比ヶ浜に浜出を企て,船の上に舞台を造り,御賀(おんが)の舞,舞楽など3日にわたり舞い奏で,所領を賜った人々はめでたく所知入りをする。浜出とは,海浜で潮干狩をしたり飲食をしたりする春の行事。…

※「浜出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浜出の関連キーワード鳥海山大物忌神社伊藤痴遊(初代)蓬莱山・蓬萊山左右田喜一郎御園生 翁甫大江謙次郎徳永 正報須田 利信大武和三郎御伽草子浜出草紙ていとう伊藤痴遊井上 範石川台嶺荒畑寒村矢田一嘯幸若舞手番雑掌

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜出の関連情報