コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜寺公園 ハマデラコウエン

デジタル大辞泉の解説

はまでら‐こうえん〔‐コウヱン〕【浜寺公園】

大阪府の堺市高石市にまたがる府立の公園。かつての高師の浜の一部で、白砂青松の景勝地として知られ、海水浴場であった。水路を挟んで埋立地の臨海工業地区と対する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浜寺公園の言及

【高石[市]】より

…南隣の泉大津とともに毛布生産中心の繊維産地であったが,1960年代に入って海岸一帯に臨海工業地が造成され,堺・泉北臨海工業地帯の一部として石油化学コンビナートが成立した。海岸部には堺にまたがる浜寺公園があり,レクリエーション地区になっている。【秋山 道雄】。…

【浜寺】より

…《万葉集》《古今集》などにみえる歌枕として著名な高師浜(たかしのはま)で,南北朝時代に大雄寺(高師の浜寺)が創建されてから,その北部が浜寺と呼ばれるようになった。古来,白砂青松の景勝地として名高く,1873年には太政官布告により海浜一帯が日本初の公園の一つとして府立の浜寺公園に指定された。97年の南海鉄道(現,南海本線)開通につづき,阪堺電気軌道(現,南海阪堺線),阪和電気鉄道(現,JR阪和線)の支線設置など交通機関が整備されたため,関西における最も著名な海水浴場としてにぎわった。…

※「浜寺公園」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浜寺公園の関連キーワード大阪府堺市西区浜寺公園町高石(市)阪堺電車西[区]西区高師浜寺

浜寺公園の関連情報