コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜柳漁 はま りゅうぎょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜柳漁 はま-りゅうぎょ

?-? 江戸時代後期の歌舞伎作者,戯作(げさく)者。
文政-天保(てんぽう)(1818-44)のころの人。大坂で飛脚問屋をいとなみ,5代瀬川菊之丞の名をかりて狂言を創作した。また草双紙,読み本,人情本をかいた。本姓塩野。通称は村助。別号に白頭子,恵陽,駅亭駒人。著作に「全盛葉南志(ぜんぜいばなし)」「半月夜話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android