コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜碇定吉 はまいかり さだきち

2件 の用語解説(浜碇定吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜碇定吉 はまいかり-さだきち

1832-? 幕末-明治時代の軽業師。
天保(てんぽう)3年生まれ。足芸を得意とする一座の座長。慶応2年(1866)アメリカにわたり巡業する。3年パリ万国博に出演したのちロンドンなどヨーロッパ各地をまわり,好評を博したという。明治17年帰国。その後の消息は不明。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浜碇定吉

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:天保3(1832)
幕末明治期の軽業師。定吉は本名。江戸駒込追分町の米穀商常吉の子。11歳のとき同業へ奉公に行き,米俵の曲持を身につけた。18歳で奉公先を辞し,曲持で巡業中に足芸を習得する。あお向けに寝て両足を上げ,足の裏ではしごや樽を支える妙技に,横浜在留の外国人は驚いた。そのひとり米人バンクスに連れられて,慶応2(1866)年隅田川浪五郎らと渡米,各地で絶賛の渦を巻き起こし,大統領A.ジョンソンの謁見を得た。1867年のパリ万博に出演したのち,ロンドンをはじめヨーロッパ各地を回り,明治17(1884)年に帰国した。その後の消息は不明である。

(倉田喜弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の浜碇定吉の言及

【足芸】より

…この足芸は1820年代(文政年間)から江戸や上方で盛んに行われ,大坂の鉄割弥吉は〈足芸元祖〉として広く知られた。早くに海外を巡演した者も多く,たとえば江戸新吉原に住む浜碇定吉は,1867年(慶応3)にアメリカを経由してパリ万国博覧会へ出演。一方京都の早竹虎吉は,1866年に渡米して68年に没。…

※「浜碇定吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜碇定吉の関連キーワード駒込軽業師史局業師寝業師志毛藕塘隅田川浪五郎特山鳥潟小三吉松村梅岡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone