浜離宮恩賜庭園(読み)はまりきゅうおんしていえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜離宮恩賜庭園
はまりきゅうおんしていえん

東京都中央区,隅田川河口にある潮入池を主体とした回遊式臨海庭園。江戸時代は将軍家の鷹狩の場であったが,承応3 (1654) 年に埋立てられて松平綱重の下屋敷となり,のち徳川家宜 (いえのぶ) が大改修を加えて浜御殿と称し,以後将軍家の別荘となった。明治3 (1870) 年以後は浜離宮となり,第2次世界大戦後,都立公園として一般に開放された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜離宮恩賜庭園の関連情報