コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浩蕩 コウトウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐とう〔カウタウ〕【××蕩】

[ト・タル][文][形動タリ]広広として大きなさま。
「大空は風濁りなし果てもなく―として歎きに暮れぬ」〈前田夕暮・収穫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうとう【浩蕩】

( トタル ) [文] 形動タリ 
広々としたさま。 「 -として捲き来り捲き去る海波/真善美日本人 雪嶺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浩蕩の関連キーワード真善美日本人森 槐南森槐南トタル雪嶺