コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮出し印刷 うきだしいんさつembossing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮出し印刷
うきだしいんさつ
embossing

凸状の雄型と凹状の雌型の間に金属,皮革,織物,紙およびその他類似の物体を差込んで,強圧をかけて浮出し模様をつくる加工方法。一般的には,雌型は真鍮を彫刻または腐食したものを原版として電鋳法で複版し,雄型はこれの反対版の石膏型を使用する場合が多い。薄手の紙の場合は雄型はつくらず,ゴムまたは紙でもよいが,厚手の紙の場合は,厚手の堅い紙に手彫りした型を使う。浮出しには白紙のまま型押しする空 (から) 押しと,あらかじめ文字または模様を印刷しておき,これに同調して浮出させるものとがある。浮出しをする場合は型を加熱しておくほうが効果的である。印刷と同時に文字や模様を浮出させるダイスタンピング die stampingの方法もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うきだし‐いんさつ【浮(き)出し印刷】

雌型(めがた)と雄型(おがた)とを用いて、文字や模様を浮き出させる特殊な印刷法。ダイスタンプ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android