雌型(読み)めがた(英語表記)mold; mould

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

印象化石うち古生物遺体形態凹凸と,型の凹凸が逆のものをいう。厚みのあるもので,たとえば二枚貝の貝殻にとれば,その外側の形態と逆の凹凸をもつ外形雌型と,内部の形態と逆の凹凸をもつ内形雌型とができる。こうした雌型が入手されると,それをもとにしていろいろの造形材料を用いて雄型をつくり,それを研究する。雄型,雌型,内型,外型の区別が明瞭でない場合には単に型 (キャスト) と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ものを作るのに用いる凹入(おうにゅう)した型。普通は凸出(とっしゅつ)した雄型と合わせて使う。⇔雄型

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雌型の言及

【化石】より

…この残された痕跡を印象化石という。古生物の体部の外表面の型は外形雌型(めがた),内表面のものは内形雌型である。岩石中に残されたこれらの型の間に堆積物が侵入したり,地下水が浸透して鉱物が沈殿し,元来の体部とそっくり同じ形の型が形成される。…

【鋳金】より

…鋳型作製,金属の溶解鋳込み,仕上げの3工程に分けられる。鋳込みと仕上げの工程は共通するが,鋳型の作製には差異があり,中空の器物を作るには雌型(めがた)(外型(そとがた))と雄型(おがた)(中型(なかご),中子(なかご))を必要とする。鋳金の技術としては,おおむね以下の鋳造法がある。…

※「雌型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android