コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)枕 ウキマクラ

デジタル大辞泉の解説

うき‐まくら【浮(き)枕】

船またはいかだの上で旅寝すること。浮き寝の枕。
「杣川(そまがわ)の筏(いかだ)の床の―夏は涼しきふしどなりけり」〈詞花・夏〉
《涙で枕が浮く意の「浮き」に「憂き」を掛けて》独り寝のつらさ。
「水鳥の玉藻の床(とこ)の―深き思ひは誰かまされる」〈堀河百首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浮(き)枕の関連キーワード玉藻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android