コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)枕 ウキマクラ

デジタル大辞泉の解説

うき‐まくら【浮(き)枕】

船またはいかだの上で旅寝すること。浮き寝の枕。
「杣川(そまがわ)の筏(いかだ)の床の―夏は涼しきふしどなりけり」〈詞花・夏〉
《涙で枕が浮く意の「浮き」に「憂き」を掛けて》独り寝のつらさ。
「水鳥の玉藻の床(とこ)の―深き思ひは誰かまされる」〈堀河百首

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone