浮(き)枕(読み)ウキマクラ

デジタル大辞泉の解説

うき‐まくら【浮(き)枕】

船またはいかだの上で旅寝すること。浮き寝の枕。
「杣川(そまがわ)の筏(いかだ)の床の―夏は涼しきふしどなりけり」〈詞花・夏〉
《涙で枕が浮く意の「浮き」に「憂き」を掛けて》独り寝のつらさ。
「水鳥の玉藻の床(とこ)の―深き思ひは誰かまされる」〈堀河百首

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うき‐まくら【浮枕】

〘名〙
① 水べや船中などに旅寝すること。浮き寝の枕。
曾丹集(11C初か)「そま川の筏の床のうきまくら夏は涼しきふしどなりけり」
② (「涙で枕が浮く」の「浮き」に「憂き」をかけて) ひとりねの悲しさにいう語。つらいひとりね。
※堀河百首(1105‐06頃)冬「水鳥の玉藻の床のうき枕ふかき思ひは誰かまされる〈大江匡房〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android