コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(き)防波堤 ウキボウハテイ

1件 の用語解説(浮(き)防波堤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うき‐ぼうはてい〔‐バウハテイ〕【浮(き)防波堤】

港湾の内側あるいはその近くの海面・海中に、箱船やいかだ、鋼鉄・コンクリートの構造物などを係留して防波の働きをさせるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮(き)防波堤の関連キーワード移流霧持節遠くの親類より近くの他人六所の宮湾頭インサイドキック辺海珪乳石エンドコンタクトブシネの近似