コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海ゆかば うみゆかば

2件 の用語解説(海ゆかばの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海ゆかば
うみゆかば

曲名。 1880年,旧日本海軍の海軍将官礼式用に東儀季芳が作曲したものと,1937年歌詞を『万葉集』からとって信時潔が作曲したものと2種あり,後者は第2次世界大戦中よく歌われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海ゆかば
うみゆかば

信時潔(のぶとききよし)作曲の日本歌曲。1937年(昭和12)作、翌年日本放送協会より合唱曲として放送。歌詞は『万葉集』巻18の大伴家持(おおとものやかもち)の長歌の一節「(大伴の 遠つ神祖(かむおや)の その名をば 大久米主(おおくめぬし)と 負(お)ひ持ちて 仕へし官(つかさ)) 海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(む)す屍 大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ 顧(かへり)みは せじ(と言立(ことだ)て ますらをの 清きその名を)……」からとる。天平(てんぴょう)21年(749)4月1日、陸奥(むつ)国で金が初めて国内から産出したことを賀した詔(みことのり)が出され、そのなかで、大伴氏が先祖代々「海行かば」を家訓として忠誠に励んだことに触れてあったのに対し、家持が感激してつくったものである。
 荘重な調べの歌曲は、昭和初期の軽薄な世相を正し、非常時態勢下の国民の自覚を高める意図があったが、太平洋戦争末期には「玉砕」や戦死者のニュースのテーマ音楽に使われ、弔歌の色合いを濃くしていった。[小川乃倫子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海ゆかばの関連キーワード海軍記念日水交社海士海尉海佐海将海曹海兵海軍工廠米海軍佐世保基地

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海ゆかばの関連情報