コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海ゆかば うみゆかば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海ゆかば
うみゆかば

曲名。 1880年,旧日本海軍の海軍将官礼式用に東儀季芳が作曲したものと,1937年歌詞を『万葉集』からとって信時潔が作曲したものと2種あり,後者は第2次世界大戦中よく歌われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海ゆかば
うみゆかば

信時潔(のぶとききよし)作曲の日本歌曲。1937年(昭和12)作、翌年日本放送協会より合唱曲として放送。歌詞は『万葉集』巻18の大伴家持(おおとものやかもち)の長歌の一節「(大伴の 遠つ神祖(かむおや)の その名をば 大久米主(おおくめぬし)と 負(お)ひ持ちて 仕へし官(つかさ)) 海行かば 水漬(みづ)く屍(かばね) 山行かば 草生(む)す屍 大君(おおきみ)の 辺(へ)にこそ死なめ 顧(かへり)みは せじ(と言立(ことだ)て ますらをの 清きその名を)……」からとる。天平(てんぴょう)21年(749)4月1日、陸奥(むつ)国で金が初めて国内から産出したことを賀した詔(みことのり)が出され、そのなかで、大伴氏が先祖代々「海行かば」を家訓として忠誠に励んだことに触れてあったのに対し、家持が感激してつくったものである。
 荘重な調べの歌曲は、昭和初期の軽薄な世相を正し、非常時態勢下の国民の自覚を高める意図があったが、太平洋戦争末期には「玉砕」や戦死者のニュースのテーマ音楽に使われ、弔歌の色合いを濃くしていった。[小川乃倫子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

海ゆかばの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グルリット マンフレート滝口 新太郎東儀 季芳花王おさむ丹波 哲郎芝 葛鎮琴 糸路藤原新平有田賢史会田誠宅麻伸橘舞子大伴

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海ゆかばの関連情報