コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉砕 ぎょくさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉砕
ぎょくさい

第2次世界大戦中の 1943年5月 30日,アッツ島の戦いで日本軍守備隊が全滅したことを大本営が発表するときに使った言葉。以後,部隊が全滅したり,壊滅すると,「瓦でまっとうするより,玉のように美しく砕ける」という意の「瓦全」「玉砕」という言葉を用いた。『北斉書』元景安伝から取ったもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

玉砕

日本軍部隊が全滅した際の発表で大本営が使った言葉。玉が美しく砕けるようにいさぎよく死ぬという美化の意味を込めた。初めて使ったのは1943年5月、北太平洋アッツ島での全滅時とされる。サイパンでは米軍約16万7千人に対し、日本軍は約4万3千人。大本営は増派を検討したが、周辺の制海権を失い断念。日本の委任統治領で、サトウキビ畑や製糖工場で働く民間人が約2万人いた。

(2010-12-09 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょく‐さい【玉砕/玉×摧】

[名](スル)玉のように美しくくだけ散ること。全力で戦い、名誉・忠節を守って潔く死ぬこと。「―した守備隊」⇔瓦全(がぜん)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の玉砕の言及

【砂利】より

…海砂利は概して細粒であり,砂利よりもむしろ砂として利用されることのほうが多い。 砂利の用途は,セメントコンクリートや道路舗装用の粗骨材(玉石を人工的に破砕・整粒した玉砕(たまさい)も用いられる)が主である。また粗骨材としての砂利は,泥分や粘土鉱物分,塩分,非晶質のシリカ分,その他の有機物の付着および含有がなく,低吸水率,堅硬で球形率が高いものが良質とされ,粒度も単一でなく,ある粒度幅の範囲に分布していることも必要条件の一つとされている。…

※「玉砕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

玉砕の関連キーワード育英制度風切群馬大学順天堂大学信州大学富山大学野見山暁治バーグマンハマースタイン毛利武士郎

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉砕の関連情報