海上警察権(読み)カイジョウケイサツケン

デジタル大辞泉の解説

かいじょう‐けいさつけん〔カイジヤウ‐〕【海上警察権】

自国の主権または主権的権利がおよぶ海域において、国家機関が行使する管轄権海賊船・不審船・不法操業を行う外国漁船などに対して、臨検拿捕抑留引致を行うことができる。日本では海上保安庁が海上警察権の実施を担い、対応が困難な場合は、自衛隊海上警備行動などを発動して対応する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海上警察権の関連情報