コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨検 りんけん visitation

翻訳|visitation

6件 の用語解説(臨検の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臨検
りんけん
visitation

国際法上,外国の船舶,航空機またはその載貨を捕獲するためにその船舶備付書類を検査すること。通常,戦時において本国軍艦によって護送される場合は臨検は免除されるが,交戦国軍艦の請求があれば護送軍艦は知りうる一切の事実を通知する義務がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

臨検
りんけん
visitation

行政法上の措置で,租税法上の犯則行為の調査のため収税官吏や税関職員が裁判所の令状に基づいて行う強制捜査 (国税犯則取締法2など) ,あるいは行政法規の遵守について,特定の事業場,建物などの実地の検査,監視 (労働基準法 101食品衛生法 17など) などがこれに該当する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りん‐けん【臨検】

[名](スル)
その場に臨んで検査すること。
「火災の起こる毎に…足軽数十人を随えて―した」〈鴎外渋江抽斎
行政機関の職員が、行政法規の実施を監視するため、営業所・倉庫・工場などに立ち入ること。立ち入り。
租税犯則事件の調査のため、収税官吏が現場に立ち入ること。
国際法上、船舶を拿捕(だほ)する際、その理由の有無を確かめるために船舶の書類を検査すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りんけん【臨検】


[行政法上の臨検]
 行政法規において臨検と称せられるものは,その性質上つぎの二つに分けられる。(1)収税官吏や税関職員が犯則事件を調査する場合の臨検(国税犯則取締法2条以下,関税法121条,123条以下),および,入国警備官退去強制の手続として違反調査をする場合の臨検(〈出入国管理及び難民認定法〉31,33条)。これは,刑事責任の追及と関連を有する行政上の即時強制であり,裁判官の許可を得て行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

りんけん【臨検】

( 名 ) スル
その場にのぞんで調べること。 「屍体を-した医者は/飇風 潤一郎
立ち入り検査 」に同じ。
収税官吏・入国警備官などが犯則や違反の調査のため、必要な場所に立ち入り強制的に検査を行うこと。
船舶や航空機が条約違反行為を行なっていないかどうかを調べるために、軍艦等がこれを停船させて船舶書類を検査し、場合によっては船内を捜索すること。海賊等の取締り・海上捕獲などの際に行われる手続の一つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨検
りんけん
visitation

船舶またはその乗員、乗客に違反行為があると疑われる場合に、軍艦その他の公の船舶が臨検士官およびその補助員を嫌疑船舶に派遣、乗船させ、その船舶の船舶書類船舶国籍証書船舶検査証書、堪航・安全証明書、航海日誌、乗員名簿など)、乗客名簿積荷目録などを点検調査し、違反行為の有無を確かめることをいう。書類を検閲したあともなお嫌疑があるときは、船内においてさらに乗員、乗客、積荷等の検査を行うことができる。後者を広義で臨検に含める場合と、臨検・捜索として、別個の行為と解する場合とがある。平時、公海において外国商船と遭遇した軍艦がその商船の臨検をなしうるのは、その商船が、(1)海賊行為を行っていること、(2)奴隷取引に従事していること、(3)外国の旗を掲げまたはその船舶の旗を示すことを拒否したが、実際にはその軍艦と同一の国籍と疑われること、の十分な根拠が必要である。
 領海、接続水域、排他的漁業水域、経済水域内においては、沿岸国の公船は、当該水域において外国船舶が従うべき沿岸国の法令に違反したと疑われる場合、臨検しうる。戦時においては、中立国船舶が封鎖侵破を行い、または、戦時禁制品の輸送または軍事的幇助(ほうじょ)を行っている疑いがある場合に、交戦国は、その船舶を停船させ、臨検することができる。もっとも、それは、公海または交戦国領海内に限り、中立国領海での臨検は許されない。
 臨検に応じない場合は、空砲発射、船首前方への実弾発射、さらに応じない場合は檣(マスト)などへの船体砲撃などの実力行使により強制し、嫌疑十分と認めれば、拿捕(だほ)して軍艦の本国港に引致し、審検のうえ捕獲する。臨検のうえ嫌疑が晴れたときは、その旨船舶日誌に記入して釈放する。臨検は、軍用航空機により、また航空機に対しても行われる。
 なお、臨検は、最近の行政法学上では立入検査とよばれ、講学上は行政調査ないし即時強制として説明される。[宮崎繁樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨検の関連キーワード行政事件代理行為自動車検査独立行政法人地方独立行政法人法塩野宏独立行政法人化独立行政法人国立高等専門学校機構法案独立行政法人国立大学財務・経営センター法案独立行政法人大学評価・学位授与機構法案独立行政法人メディア教育開発センター法案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨検の関連情報