コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抑留 よくりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抑留
よくりゅう

一時的に身体の自由を拘束することをいい,拘束が比較的長期にわたる拘禁と区別される。なんぴとも理由をただちに告げられ,かつただちに弁護人に依頼する権利を与えられなければ,留または拘禁されない (憲法 34) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よく‐りゅう〔‐リウ〕【抑留】

[名](スル)
おさえとどめること。一定の場所にとどめておくこと。
逮捕に引き続く身柄の拘束で、比較的短期のもの。→拘禁
国際法上、他国の人や物、特に船舶を自国の権力内に置くこと。「領海に侵入した漁船を抑留する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

抑留【よくりゅう】

現行憲法上,比較的短期の身体の自由の拘束をいう。たとえば逮捕に引き続く留置など。→拘禁
→関連項目刑事補償自白

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

よくりゅう【抑留】

( 名 ) スル
おさえとどめること。また、一か所に無理にひきとめておくこと。 「外地に-される」 「土人等が列車を-して/八十日間世界一周 忠之助
〘法〙
比較的短期間、強制的に身体の自由を拘束すること。 → 拘禁
国際法上、他国に属する人または物を自国の権力下に置くこと。特に船舶の場合にいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の抑留の言及

【拘置】より

…刑法の〈拘置〉は,この〈拘禁〉と同じ意味だとされている。憲法の人権保障規定では,拘禁は継続的な身柄の拘束として,一時的な自由拘束たる抑留と並べられている(34条など)。監獄法はまた,刑事被告人・被疑者や死刑囚などを拘禁する所を拘置監と称する。…

【抑留・拘禁】より

…いずれも身体の自由を拘束することをいうが,日本国憲法は両者を区別している。〈抑留〉は一時的な身体の自由の拘束をさし,〈拘禁〉は継続的な自由の拘束をさすと解されている。憲法第34条によれば,〈何人も,理由を直ちに告げられ,且つ,直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ,抑留又は拘禁されない。…

※「抑留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

抑留の関連キーワード「舞鶴への生還」と「東寺百合文書」旧ソ連抑留者支援特別措置法香月泰男(1911~74)戦後強制抑留者特別措置法シベリア抑留と引き揚げ者ソ連による日本人の抑留収容所から来た遺書生きて帰ってきた男オノサト・トシノブシベリア特別措置法オノサトトシノブシベリア特措法戦時下の外国人エンバーゴーギンズブルグシベリア抑留長谷川四郎ポリビオス斎藤 六郎阿波丸事件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抑留の関連情報