抑留(読み)よくりゅう

  • よくりゅう ‥リウ
  • よくりゅう〔リウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一時的に身体の自由を拘束することをいい,拘束が比較的長期にわたる拘禁と区別される。なんぴとも理由をただちに告げられ,かつただちに弁護人に依頼する権利を与えられなければ,留または拘禁されない (憲法 34) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
おさえとどめること。一定の場所にとどめておくこと。
逮捕に引き続く身柄の拘束で、比較的短期のもの。→拘禁
国際法上、他国の人や物、特に船舶を自国の権力内に置くこと。「領海に侵入した漁船を抑留する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 年貢・物資を留めること。
(イ) 役人が年貢などを不法に自分の手元に置くこと。
※三代格‐一二・斉衡二年(855)九月二三日「既有先例、難以抑留
(ロ) 他人の物資を無理に留めること。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 人を自由に行かせないこと。
(イ) その場所を去らないよう、説得したり頼んだりすること。引き止めること。
※満済准后日記‐永享五年(1433)七月二〇日「高野事先無為、遊佐越前守未高野に罷留。衆徒等内々抑留之子細在之。行人等は悉離山了」
(ロ) 武力・権力・法律を背景に、人を無理やりある場所や領域内に留めて置くこと。拘束すること。
※渋江抽斎(1916)〈森鴎外〉四九「縦令(たとひ)諸侯が家族を引き上げたからと云って、幕府は最早これを抑留(ヨクリウ)することは無からう」
(ハ) 国際法上、捕虜または自国内にいる敵国人の身体を拘束したり、自国の港にある外国船舶をとどめおいたりすること。
※毎日新聞‐明治三七年(1904)二月一〇日「仁川に碇泊中なりし露艦ワリヤーク〈略〉同コリーツ〈略〉の二隻は港内に於て我○○の為め抑留せられたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の抑留の言及

【拘置】より

…刑法の〈拘置〉は,この〈拘禁〉と同じ意味だとされている。憲法の人権保障規定では,拘禁は継続的な身柄の拘束として,一時的な自由拘束たる抑留と並べられている(34条など)。監獄法はまた,刑事被告人・被疑者や死刑囚などを拘禁する所を拘置監と称する。…

【抑留・拘禁】より

…いずれも身体の自由を拘束することをいうが,日本国憲法は両者を区別している。〈抑留〉は一時的な身体の自由の拘束をさし,〈拘禁〉は継続的な自由の拘束をさすと解されている。憲法第34条によれば,〈何人も,理由を直ちに告げられ,且つ,直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ,抑留又は拘禁されない。…

※「抑留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抑留の関連情報