コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外合弁企業 かいがいごうべんきぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海外合弁企業
かいがいごうべんきぎょう

海外進出の際には,さまざまなリスクが伴う。現地に 100%完全出資の子会社をつくった場合,そのリスクを完全にかぶることになる。そこで,このような進出のリスクを回避するために,現地資本との合弁会社 (ジョイント・ベンチャー) を設立するのである。当然その出資の多少に応じて利益の取り分も異なってくる。合弁会社は,相方の利益が互恵的となり,かつ機能が補完的な場合が比較的良い。トヨタ自動車と GMとの合弁会社 NUMMIについていえば,トヨタ側の目的は,アメリカへの工場進出の最初のステップを得,そこでアメリカにおける経営ノウハウを獲得することにあった。他方,GM側にとっては,トヨタの持つ小型車の生産ノウハウの獲得であった。この両者の利害関係が一致した上で,トヨタ側は生産,GM側は販売チャネルを供給し合うことで,このジョイント・ベンチャーが運営されたのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海外合弁企業の関連キーワード外国人研修制度

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android