コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外合弁企業 かいがいごうべんきぎょう

1件 の用語解説(海外合弁企業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海外合弁企業
かいがいごうべんきぎょう

海外進出の際には,さまざまなリスクが伴う。現地に 100%完全出資の子会社をつくった場合,そのリスクを完全にかぶることになる。そこで,このような進出のリスクを回避するために,現地資本との合弁会社 (ジョイントベンチャー) を設立するのである。当然その出資の多少に応じて利益の取り分も異なってくる。合弁会社は,相方の利益が互恵的となり,かつ機能が補完的な場合が比較的良い。トヨタ自動車と GMとの合弁会社 NUMMIについていえば,トヨタ側の目的は,アメリカへの工場進出の最初のステップを得,そこでアメリカにおける経営ノウハウを獲得することにあった。他方,GM側にとっては,トヨタの持つ小型車の生産ノウハウの獲得であった。この両者の利害関係が一致した上で,トヨタ側は生産,GM側は販売チャネルを供給し合うことで,このジョイント・ベンチャーが運営されたのである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone