コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相方 アイカタ

デジタル大辞泉の解説

あい‐かた〔あひ‐〕【相方】

一緒に物事をする人。特に、コンビ漫才などでのパートナー。相手。相棒。
(「敵娼」とも書く)遊里で、客から見て相手の遊女。
[補説]近年は若者を中心に、恋人や配偶者をこう呼ぶこともある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の相方の言及

【合方】より

…日本音楽や舞踊の用語。分野や場合によっては相方とも書く。相手役,相手方をいう場合と,楽曲あるいは楽曲部分の分類名として用いる場合とがある。…

【下座音楽】より

…現行の下座音楽は,黙阿弥時代の音楽演出を伝承したものである。 下座音楽は,大まかに,唄,合方(上方では〈相方〉),鳴物の三つの曲種に大別される。唄は囃子方の長唄連中の唄方,合方は同じく三味線方,鳴物は同じく鳴物の社中(狭義の囃子方)の職分である。…

※「相方」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相方の関連情報