コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外統括会社 かいがいとうかつがいしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海外統括会社
かいがいとうかつがいしゃ

海外子会社の調整と統合を目的とし,一元管理をするための機関。企業が多国籍化するにつれて,多数の国々に現地子会社が存在するようになる。これらがそれぞれ独自の路線をとるようになると,グローバルな調整と統合が要請され,このような会社が必要となってくる。多くの場合,こうした統括会社は多国籍間にまたがる経営課題の調整を行なう。その内容としては,為替管理,製品管理,物流・調達管理,あるいは海外人事といった事柄を,グローバルな観点から統括しようとするものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海外統括会社の関連情報