コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底段丘 かいていだんきゅう

百科事典マイペディアの解説

海底段丘【かいていだんきゅう】

大陸棚,大陸斜面,海嶺(かいれい)斜面等にみられる階段状の地形。日本周辺大陸棚には−20m,−40〜−60m,大陸棚外縁(−130m)に段丘がある。−20mは現海水準に関する海食面や堆積面で,これ以深は氷期の海水準低下の遺物である。大陸斜面上には−500m,−800〜−1000m,−1600〜−2000mに段が多い。
→関連項目海底地形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android