海洋地球観測探査システム(読み)カイヨウチキュウカンソクタンサシステム

デジタル大辞泉の解説

かいようちきゅうかんそくたんさ‐システム〔カイヤウチキウクワンソクタンサ‐〕【海洋地球観測探査システム】

地球観測・災害監視・資源調査などの観測・探査活動の基盤となるシステム。第3期科学技術基本計画に盛り込まれた国家基幹技術の一。いぶきだいちGCOMなどの観測衛星による宇宙からの地球観測、地球深部探査船ちきゅうなどによる海洋観測、既存のシステムによる陸上および地震・津波観測によって得られたデータを統合・解析。気候変動予測、災害予測、資源探査などに役立つ情報を提供する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android