海洋地球観測探査システム(読み)カイヨウチキュウカンソクタンサシステム

デジタル大辞泉の解説

かいようちきゅうかんそくたんさ‐システム〔カイヤウチキウクワンソクタンサ‐〕【海洋地球観測探査システム】

地球観測・災害監視・資源調査などの観測・探査活動の基盤となるシステム。第3期科学技術基本計画に盛り込まれた国家基幹技術の一。いぶきだいちGCOMなどの観測衛星による宇宙からの地球観測、地球深部探査船ちきゅうなどによる海洋観測、既存のシステムによる陸上および地震・津波観測によって得られたデータを統合・解析。気候変動予測、災害予測、資源探査などに役立つ情報を提供する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android