コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いぶき イブキ

デジタル大辞泉の解説

いぶき[人工衛星]

温室効果ガス観測技術衛星の愛称。宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))、環境省国立環境研究所が2009年1月に打ち上げた。高度666キロの上空から地上5万6000か所を観測し、地球全体の温室効果ガスの濃度や分布を測定する。観測対象は温室効果の約8割を占めるとされる二酸化炭素メタン。ゴーサット(GOSAT:Greenhouse Gases Observing Satellite)。

い‐ぶき【息吹/気吹】

《上代は「いふき」》
息を吐くこと。呼吸。
生気や活気のあること。「春の―に触れる」「時代の―」
[補説]人工衛星は別項。→いぶき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

いぶきの関連キーワードサンソビーノ(Andrea Sansovino)フォール(Élie Faure)セラフィーム・サローフスキー播州平野(宮本百合子の小説)カール・エーリック ソーヤベルギーとフランスの鐘楼群エドウィージ ダンティカ若きウェルテルの悩みクレイターリムロードP.P. パゾリーニP. オスターイェシェーン(映画)ウフィツィ美術館テッド チャン勝手にしやがれボヘミアの農夫オスターイェサンドバーグ鳥毛立女屛風パゾリーニ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いぶきの関連情報