海津城(読み)かいづじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「海津城」の解説

海津城
かいづじょう

信濃国埴科郡松代 (長野市松代) の清野氏の居館であったものを,天文 22 (1553) 年,武田信玄山本勘助に命じて築した平城。弘治2 (56) 年高坂昌信が城代となり,川中島の戦いの武田方拠点となった。天正 10 (82) 年上杉景勝が支配し,のち慶長8 (1603) 年松平忠輝が支配,家臣花井義雄を城代として待城城と改称し,さらに元和8 (22) 年真田信之入封後松代城と改めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の海津城の言及

【松代】より

…近世は松代藩の城下町。1560年(永禄3)ころ武田信玄が海津(かいづ)城を築き,後年松代城と改称した。1598‐1616年(慶長3‐元和2)の城主田丸直昌,森忠政,松平忠輝のもとで,城の拡張と城下町の形成が進んだ。…

※「海津城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報