コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海色走査放射計 かいしょくそうさほうしゃけいocean color scanner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海色走査放射計
かいしょくそうさほうしゃけい
ocean color scanner

海面から放射または反射する可視・赤外光を,平面的に分光測定する走査型の分光放射計。海中に入った太陽光は懸濁物質などにより吸収・散乱され,その程度は懸濁物質や溶存物質の質と量で決まり,特有の波長特性を持っている。この装置は,人工衛星などに搭載し,分光放射強度を測定して懸濁物質や溶存物質の質と量を推定できる。特に,沿岸域の汚染実態調査,クロロフィル量の推定などに有効である。今後,沿岸域のリモートセンシングのための重要測器として期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android