海蛭藻(読み)ウミヒルモ

精選版 日本国語大辞典の解説

うみ‐ひるも【海蛭藻】

〘名〙 トチカガミ科の常緑多年草。本州中部以南で海底の砂地にはえ、全体が海面下に沈んでいる。茎は白色で細長く横にはい、長い葉柄のある葉を節に二枚ずつつける。葉身は楕円形または広楕円形で長さが一・五~二センチメートル、葉脈が縁にそって一周し、内側には羽状の脈がある。雌雄の花が咲くが目立たない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android