コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海運仲立業 かいうんなかだちぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

かいうんなかだちぎょう【海運仲立業】

日本の海上運送法(1949公布)では,〈物品海上運送又は船舶の貸渡,売買若しくは運航の委託の媒介をする事業をいう〉(2条9項)と規定されている。一般商品市場株式市場などの場合と同様に,海運市場にも仲立人(海運ブローカー)が存在し,海運取引に重要な役割を果たしている。海運企業が荷主と直接交渉して取引する方法もあるが(とくに専用船の長期契約において),両者の間に仲立人が介在して取り決められるのがより一般的かつ伝統的な方法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海運仲立業の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海運仲立業の関連情報