コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海運取引所 かいうんとりひきしょ

2件 の用語解説(海運取引所の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいうんとりひきしょ【海運取引所】

本来は各種の海運取引行われる具体的な場を指す。ただし,特定の場所と時間において取引が行われる具体的市場形態にあるのは,17世紀後半のコーヒーハウスにその起源をもつロンドンボルチック海運取引所The Baltic Mercantile and Shipping Exchangeのみである。このボルチック海運取引所は,海運ブローカー,船主,運航業者,荷主,その他関係者等で構成される会員制をとり,これら各分野の会員から選出された代表者で構成される委員会によって管理運営されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海運取引所
かいうんとりひきしょ
shipping exchange

海運集会所ともいう。船舶の売買、用船など海運関係の取引が集中的に行われる、具体的な意味の海運市場をさす。船主(オーナー)、海運業者(オペレーター)、海運仲立人(ブローカー)、有力荷主(シッパー)、海上保険業者など海運関係業者を会員とする団体が、定期的に集合して、船舶の需要・供給の出合いを図り、内外主要港の荷動きの状況、運賃状況、船舶の動きなどの情報を集めて、それらを会員に提供する。世界的に有名な取引所としてはロンドンのバルチック海運取引所、ニューヨークのマリタイム海運取引所などがある。とくにバルチック海運取引所は、17世紀後半に、ロンドンのバルチックにあったコーヒー店に海運業者が集まって、海上運賃などについて話し合いを行ったのに始まり、イギリスの海運業の国際的な発展に伴い、1903年海運取引所として正式に発足した。日本では東京に日本海運集会所がある。[鳥谷剛三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海運取引所の関連キーワード隅石数値清算取引文型具体的真理スポット(Spot)ニューヨーク外国為替市場ロンドン外国為替市場ロンドン証券取引所(London Stock Exchange)直物取引(Spot)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海運取引所の関連情報