コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上運送法 かいじょううんそうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上運送法
かいじょううんそうほう

昭和 24年法律 187号。海上運送の秩序を維持し,船舶運航事業船舶貸渡業,海上運送取扱業,海運仲立業および海運代理店業などの海上運送事業の健全な発達をはかることを目的としている法律。また,船舶運航事業者が他の舶運航事業者とする運賃および料金その他の運送条件,航路,配船ならびに積取りに関する事項を内容とする協定,契約または共同行為については,独占禁止法の適用除外とすることが定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいじょううんそう‐ほう〔カイジヤウウンソウハフ〕【海上運送法】

海上運送事業の運営を適正化・合理化することにより、輸送の安全を確保し、海上運送の利用者の利益を保護することなどを目的として、船舶運航事業、船舶貸渡業、日本船舶および船員の確保、海上運送事業に使用する船舶の規格・船級などに関する行政的な指導について定めた法律。昭和24年(1949)制定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

海上運送法の関連キーワード地域公共交通活性化法ダックツアー旅客船事業海運同盟離島航路貨客船旅客船公示客船