海鼠曳(読み)なまこひき

大辞林 第三版の解説

なまこひき【海鼠曳】

小正月の行事。海鼠、またはわら束や槌つちなどを縄の先につけて、家の周囲や田畑などを呪詞を唱えながら引いて回る。もぐらの害を除くためという。もぐら送り。まんまこどん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なまこ‐ひき【海鼠曳】

〘名〙 東北地方で小正月に、子どもたちが「もぐらもち内にか、なまこどんのお通りだ」などとはやしながら、海鼠やその形に似せたものを縄につけて、屋敷の周囲や田畑などを引いて回る行事。
※風俗画報‐二六二号(1903)人事門「十四日の夕刻海鼠曵(ナマコヒキ)のことあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android