コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸透交代作用 しんとうこうたいさよう infiltration metasomatism

1件 の用語解説(浸透交代作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

浸透交代作用

開放系の場合に,液体が岩石中の微小な割れ目結晶粒界などを通って移動し,母岩と反応して岩石の鉱物組成化学組成が大規模に変化する作用[周藤,小山内 : 2002].多くのマグマ溜まりでは,その基底部に未固結の粥状体(mush)が厚く発達しているので,粒間の液体部分が自重で押されて沈積した鉱物と,この種の交代作用が起こる[Irvine : 1980].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浸透交代作用の関連キーワード鉱脈帯水層微気圧計苔虫呼吸熱量計鉄苦質花崗アダメロ岩アーチーの法則シュミット数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone