コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消費地精製主義 しょうひちせいせいしゅぎ

1件 の用語解説(消費地精製主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費地精製主義
しょうひちせいせいしゅぎ

石油の輸入に際し,海外から原油を輸入し国内で精製する方式をとること。日本は,安定的・経済的な供給を基本としてこの方式を主体とし,需給アンバランスの調整を製品輸入によって補う供給方式をとっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の消費地精製主義の言及

【石油産業】より

…これが,戦後には各消費地に精製設備が置かれ,貿易は原油で行われるようになった。いわゆる産地精製主義から消費地精製主義への転換である。 第2の変化として,石油危機後にOPECの生産量に占める割合が低下していることが挙げられる。…

※「消費地精製主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

消費地精製主義の関連キーワード小倉常吉原油石油精製石油税輸入組合輸入商輸入品無為替輸入輸入申告書貿易立国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone