消費税転嫁ガイドライン(読み)しょうひぜいてんかガイドライン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消費税転嫁ガイドライン
しょうひぜいてんかガイドライン

1989年4月の消費税導入に先立ち,公正取引委員会が示した消費税転嫁に関するガイドライン。転嫁の方法や表示の方法についての共同行為 (カルテル) ,は独占禁止法に違反しないような立法措置がとられることを明示している。転嫁カルテルへの参加は中小企業者のみに限定しているが,表示カルテルにはどの業者も自由に参加でき,表示方法としては内税,外税,レジ一括表示のいずれの方法も認められるといったが記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android