液体窒素凍結(読み)えきたいちっそとうけつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液体窒素凍結
えきたいちっそとうけつ

液体窒素を用いた凍結貯蔵法。液体窒素は無味、無臭、無毒で、沸点は1気圧下で零下196℃、蒸発の際1キログラム当り47.65キロカロリーの潜熱を必要とする。化学的には不活性で取り扱いやすい。このため零下73.3℃(零下100)以下のいわゆる超低温凍結の媒体として優れた材料である。この蒸発潜熱を利用すると、処理材料中の水分は急速に微細な氷の結晶に変わる。この現象は、生細胞では細胞質に害を与えることなく、酵素活性を抑え、細胞のもつ遺伝的特性を保持し、長期貯蔵を可能にする。また復原は急速解凍で可能である。液体窒素を利用し、特定医薬品、食品などの凍結貯蔵のほか、家畜の精液の遠距離輸送、長期貯蔵精子による遺伝資源保存、植物の花粉保存などが行われている。さらに植物組織片、培養カルスなど、遺伝資源としての栄養系保存法の開発が試みられている。[飯塚宗夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android