コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体酸素爆薬 えきたいさんそばくやく

百科事典マイペディアの解説

液体酸素爆薬【えきたいさんそばくやく】

液酸爆薬とも。軽質木炭など炭素質に富む可燃性物質に液体酸素を吸収させた爆薬。ちょうどC+O2→CO2の反応が起こる割合の時に爆発させて使用。容易につくることができ,強力な爆薬であるが,長時間の保存が不可能で,取扱いが不便。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の液体酸素爆薬の言及

【酸素】より

…低温を得るための冷却用として用いることができるが,可燃性物質とくに有機物などが投入されると爆発するので危険である。この強力な爆発性を利用して,液体酸素を炭素分に富む吸収剤(たとえば木炭など)に吸収させて液体酸素爆薬などとして用いられる。また大型ロケットの推進薬の酸化成分としても用いられる。…

※「液体酸素爆薬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

液体酸素爆薬の関連キーワード工業爆薬液酸爆薬CO2

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android