コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡海槐堂 おうみ かいどう

2件 の用語解説(淡海槐堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡海槐堂 おうみ-かいどう

1823*-1879 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政5年12月1日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)の儒者下坂篁斎の子。京都の醍醐(だいご)家につかえ,板倉を名のる。私塾文武館をひらき,坂本竜馬らとまじわる。天誅(てんちゅう)組の挙兵の際,武器などを援助したため元治(げんじ)元年幕吏に捕らえられたが,のちゆるされ淡海と改姓した。明治12年6月19日死去。58歳。名は緝。字(あざな)は敬夫。通称は重涂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

淡海槐堂

没年:明治12.6.19(1879)
生年:文政5.12.1(1823.1.12)
幕末の尊攘派志士。儒者下坂篁斎の子に生まれる。京に出て薬業を営むかたわら,安政3(1856)年公家醍醐家に仕え板倉の姓を与えられる。文久2(1862)年洛東日吉山に文武館を設け尊王攘夷運動を支援。翌年8月18日の政変ののち,三条実美に糧食,金品を送り,天誅組に兵器を補給した。長州藩急進派による禁門の変後の元治1(1864)年8月,六角の獄につながれ,33カ月の在獄ののち慶応3(1867)年4月出獄。討幕運動を支援し中岡慎太郎に資金を送る。翌明治1(1868)年4月醍醐家を去り,姓を淡海とした。大津裁判所参謀,宮内中録などを歴任し明治5年辞官,詩画に親しみ57歳で没。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

淡海槐堂の関連キーワード新撰組田中河内介河村文庵北添佶磨古高俊太郎立石孫一郎福岡惣助松村大成皆川篁斎林助

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone