コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡輪助重 たんなわ すけしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡輪助重 たんなわ-すけしげ

?-? 南北朝時代の武将。
和泉(いずみ)(大阪府)淡輪豪族で,南北朝の内乱でははじめ足利尊氏にしたがう。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年(1350)に南朝側に転じ,楠木正儀(くすのき-まさのり)とむすんで京都占拠などに功をたてた。姓は「たんのわ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の淡輪助重の言及

【淡輪氏】より

…48年(正平3∥貞和4)には室町幕府より和泉国泉南郡の兵粮所が淡輪氏へ預け置かれた。淡輪助重は高師泰に属し48年四条畷(しじようなわて)の合戦を戦ったが,高師直派の失脚後,宮方の勧誘に従って楠木正儀と結び,両軍角逐の地和泉で本領の維持に成功。その後和泉半守護細川氏に属した。…

※「淡輪助重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淡輪助重の関連キーワード南北朝時代和泉

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android