コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深仁入道親王 しんにんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深仁入道親王 しんにんにゅうどうしんのう

1759-1807 江戸時代中期-後期,典仁(すけひと)親王の第2王子。
宝暦9年1月14日生まれ。10年桃園天皇の猶子となり,仁和(にんな)寺を相続。13年親王となり,守典(もりつね)と称した。明和5年出家。安永元年(1772)一品(いっぽん)にのぼる。文化4年7月21日死去。49歳。幼称は俊宮(としのみや)。法号は後喜多院。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

深仁入道親王の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]デービー(Sir Humphry Davy)ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)暁星右衛門

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android