深仁入道親王(読み)しんにんにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

深仁入道親王 しんにんにゅうどうしんのう

1759-1807 江戸時代中期-後期,典仁(すけひと)親王の第2王子。
宝暦9年1月14日生まれ。10年桃園天皇の猶子となり,仁和(にんな)寺を相続。13年親王となり,守典(もりつね)と称した。明和5年出家。安永元年(1772)一品(いっぽん)にのぼる。文化4年7月21日死去。49歳。幼称は俊宮(としのみや)。法号は後喜多院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android